コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

護命 ごみょう

4件 の用語解説(護命の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

護命 ごみょう

750-834 奈良-平安時代前期の僧。
天平勝宝(てんぴょうしょうほう)2年生まれ。法相(ほっそう)宗。美濃(みの)(岐阜県)の人。奈良元興(がんごう)寺の勝虞(しょうぐ)らにまなぶ。比叡(ひえい)山に大乗戒壇を設立しようとする最澄(さいちょう)と論争を展開,設立が勅許となると一時山田寺に隠棲(いんせい)する。天長4年(827)僧正。法相宗きっての学僧といわれた。承和(じょうわ)元年9月11日死去。85歳。俗姓は秦。著作に「大乗法相研神章」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

護命

没年:承和1.9.11(834.10.16)
生年:天平勝宝2(750)
平安初期の僧。美濃国各務郡(岐阜県各務原市周辺)の生まれ。俗姓秦氏。15歳で吉野山(比蘇山寺)で修行し,17歳で得度,元興寺勝虞に師事,月の前半は山林修行,後半は寺で法相教学を研鑽するという生活を続けた。少僧都,大僧都と進み,弘仁10(819)年,最澄の比叡山での大乗戒壇設立運動に対して南都仏教を代表し反対した。大乗戒壇の設立が許可されると離任を望んだが許されず,山田寺に居した。のちに僧正。元興寺の法相教学の中心人物で,門下に延祥,泰演らがおり南都仏教を代表する学僧である。山林修行を積極的に行ったことでも著名。<参考文献>家永三郎監修『日本仏教史』1巻

(鷺森浩幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ごみょう【護命】

750‐834(天平勝宝2‐承和1)
平安前期の法相宗の僧。美濃国各務郡の秦氏の出身。10歳で同国国分寺に学び,15歳で平城京に上り元興寺万耀に師事し,また吉野山で山林修行した。16歳で得度後は,勝虞に師事し,月の上半は深山で虚空蔵法を修し,月の下半は寺で宗旨を研鑽した。798年(延暦17)威儀師となり,805年大極殿最勝王経を講じ,桓武天皇に戒を授けた。816年(弘仁7)大僧都となり,その後最澄の大乗戒壇設立の奏請に対して南都側として激しく反論した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

護命
ごみょう
(750―834)

平安初期の法相(ほっそう)宗の学僧。美濃(みの)(岐阜県)各務(かがみ)郡の人。俗姓は秦(はた)氏。10歳で同国国分寺の道興(どうこう)に就学、15歳のとき奈良元興寺(がんごうじ)の万耀(まんよう)に就いて得度した。同寺の勝虞(しょうご)に法相を学び、月の上半は吉野山で苦行し、下半は本寺で宗旨を研精したという。806年(大同1)に律師、808年に維摩会(ゆいまえ)講師、ついで少僧都(しょうそうず)に任じ、815年(弘仁6)に大僧都に進んだ。819年最澄(さいちょう)が比叡山(ひえいざん)に大乗戒壇(だいじょうかいだん)を建立しようとしたとき、彼は南都の僧綱(そうごう)を代表してその非を論じた。823年僧綱を辞して梵釈寺(ぼんしゃくじ)に退隠したが、827年(天長4)僧正(そうじょう)に復位、承和(じょうわ)元年9月11日元興寺小塔院に寂した。天長(てんちょう)六宗書の一つである『大乗法相研神章』5巻など著述は多い。[薗田香融]
『富貴原章信著『日本唯識思想史』(1944・大雅堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の護命の言及

【豊安】より

…816年(弘仁7)律師に任ぜられた。最澄の大乗戒壇独立運動に反対して819年〈僧統表〉を護命(ごみよう)らとともに提出した。830年(天長7)には淳和天皇の各宗教義提出の勅を承け,日本最初の律宗綱要書《戒律伝来宗旨問答》を著した。…

※「護命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

護命の関連キーワード承和天平勝宝恵行生石真人久米継麻呂巨勢古麻呂佐伯浄麻呂多治比部北里橘清野三使浄足

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

護命の関連情報