勝負服(読み)ショウブフク

デジタル大辞泉の解説

しょうぶ‐ふく【勝負服】

競馬で、騎手がレースに出る際に着る上着。中央競馬では、色・柄は馬主が登録する。
俗に、意中の相手の気を引こうとして着る衣服。また、ここぞという場面で着用する大切な衣服。「浴衣は最高の勝負服
[補説]1は、競輪選手のレース用ジャージーにもいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうぶふく【勝負服】

競馬で、騎手がレース時に着る上着。
俗に、特別な日などに着用するとっておきの服。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうぶ‐ふく【勝負服】

〘名〙 競輪・競馬で、競走時に選手や騎手が着用する服。
※内輪外輪(1966)〈新橋遊吉〉「夫の昇太も4番のゼッケンと、青色の勝負服をつけて懸命にペダルを踏んでいる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勝負服の関連情報