コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝部芳房 かつべ よしふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝部芳房 かつべ-よしふさ

1672-1727 江戸時代前期-中期の神職。
寛文12年生まれ。家は代々出雲(いずも)(島根県)佐陀大社の神職。元禄(げんろく)9年出雲大社・佐陀大社間の紛争を幕府にうったえ,翌年勝訴の裁決をえた。神道を白井宗因にまなび,社殿を造営するなど佐陀大社の発展につとめた。歌人としても知られる。享保(きょうほう)12年6月19日死去。56歳。通称は十三郎。著作に「神道異流弁」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

勝部芳房の関連キーワードニュートン(Sir Isaac Newton)ライプニッツエカチェリーナジョージ布屋次兵衛ブーランビリエエカテリーナジョージジョージ2世ツェワン・アラプタン(策妄阿拉布坦)

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android