コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勢誉 せいよ

2件 の用語解説(勢誉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勢誉 せいよ

1549-1612 織豊-江戸時代前期の僧。
天文(てんぶん)18年生まれ。真言宗高野山で出家。天正(てんしょう)元年応其(おうご)に戒をうけ,のち高野山の実権をにぎった応其の跡をうけ高野山一山を管理。関ケ原の戦い後,徳川家康の信任を得,駿府(すんぷ)に寺地をあたえられ家康につかえた。慶長17年3月23日死去。64歳。和泉(いずみ)(大阪府)出身。俗姓は阿部。字(あざな)は宗淳。号は可中。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

勢誉

没年:慶長17.3.23(1612.4.23)
生年:天文18(1549)
戦国・江戸初期の真言宗の僧で,徳川家康の信任厚かった人物。和泉国(大阪府)出身。阿部氏の出。9歳で高野山に登り,永禄5(1562)年14歳で千手院谷新坊祐尊に受戒する。その後,高野山をはじめとして京都各地で顕密,儒学を究め,元亀1(1570)年仁和寺の禅海に両部灌頂を,天正1(1573)年には高野山にて木食応其に受戒する。慶長4(1599)年高野山貫主,青厳寺住持となるが,翌年,応其が近江(滋賀県)の飯道寺へ隠遁すると,その全てを相続し興山寺を兼務。さらには家康の命により高野山を支配することとなる。慶長6(1601)年には寺領2万石の朱印状を受ける。後年,駿府(静岡県)に寺地を賜り,家康に近侍する。<参考文献>宮坂宥勝・佐藤任『高野山史』

(井野上眞弓)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勢誉の関連キーワード教如上人崇伝瑜伽乗院亮深三宝院義演末吉船増上寺十五代(徳川十五代)阿部正興(1)お万の方(2)玄宥

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone