コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包み焼き つつみやき

大辞林 第三版の解説

つつみやき【包み焼き】

魚・肉・野菜などを紙・ホイルなどに包んで焼くこと。また、焼いたもの。
ふなの腹に昆布・串柿などを入れて焼いたもの。 「鮒の-のありける腹に、小さく文を書きて押し入れて/宇治拾遺 15

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

つつみやき【包み焼き】

料理で、和紙・パラフィン紙アルミホイルなどで材料を包んで焼くこと。また、その料理。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

包み焼き
つつみやき

包み焼きには二義ある。一つはフナの包み焼きで、フナの腹を開いて腸を抜き、結び昆布、串柿(くしがき)、クルミ、クリ、ケシの5種を小さく刻んで詰め、フナの腹を閉じて焼いたもの。門出(かどで)や出陣の祝いに用いた。のちにこれは昆布巻きに変わった。もう一つは、魚鳥類、獣類の丸焼きのことで、古くは内臓もとらず毛のついたまま焼いた。のちに魚鳥類だけを用いるようになり、フナ、アユなどを焼くのを土蔵焼きというようになった。現在の包み焼きは、アルミ箔(はく)、硫酸紙、和紙、竹の皮などに包んで加熱したものをいい、かならずしも直火(じかび)で焼かなくても、包む形態のものに包み焼きの名がつけられている。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

包み焼きの関連キーワード生活協同組合コープさっぽろ日向かぼちゃヤッサ饅頭多田鉄之助ぎおん太鼓フォアグラパピヨット冨来小判ディナー一口香かまどやき栗

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

包み焼きの関連情報