コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包み焼き つつみやき

3件 の用語解説(包み焼きの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

つつみやき【包み焼き】

魚・肉・野菜などを紙・ホイルなどに包んで焼くこと。また、焼いたもの。
ふなの腹に昆布・串柿などを入れて焼いたもの。 「鮒の-のありける腹に、小さく文を書きて押し入れて/宇治拾遺 15

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

つつみやき【包み焼き】

料理で、和紙・パラフィン紙アルミホイルなどで材料を包んで焼くこと。また、その料理。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

包み焼き
つつみやき

包み焼きには二義ある。一つはフナの包み焼きで、フナの腹を開いて腸を抜き、結び昆布、串柿(くしがき)、クルミ、クリ、ケシの5種を小さく刻んで詰め、フナの腹を閉じて焼いたもの。門出(かどで)や出陣の祝いに用いた。のちにこれは昆布巻きに変わった。もう一つは、魚鳥類、獣類の丸焼きのことで、古くは内臓もとらず毛のついたまま焼いた。のちに魚鳥類だけを用いるようになり、フナ、アユなどを焼くのを土蔵焼きというようになった。現在の包み焼きは、アルミ箔(はく)、硫酸紙、和紙、竹の皮などに包んで加熱したものをいい、かならずしも直火(じかび)で焼かなくても、包む形態のものに包み焼きの名がつけられている。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

包み焼きの関連キーワードパラフィン系炭化水素アルミ箔アルミホイルパラフィンパラフィン紙アルミホイールパラフィン油パラフィン蝋パラフィン頁岩ホイル焼き

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

包み焼きの関連情報