包み焼き(読み)つつみやき

大辞林 第三版の解説

つつみやき【包み焼き】

魚・肉・野菜などを紙・ホイルなどに包んで焼くこと。また、焼いたもの。
ふなの腹に昆布・串柿などを入れて焼いたもの。 「鮒の-のありける腹に、小さく文を書きて押し入れて/宇治拾遺 15

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

包み焼き
つつみやき

包み焼きには二義ある。一つはフナの包み焼きで、フナの腹を開いて腸を抜き、結び昆布、串柿(くしがき)、クルミ、クリ、ケシの5種を小さく刻んで詰め、フナの腹を閉じて焼いたもの。門出(かどで)や出陣の祝いに用いた。のちにこれは昆布巻きに変わった。もう一つは、魚鳥類、獣類の丸焼きのことで、古くは内臓もとらず毛のついたまま焼いた。のちに魚鳥類だけを用いるようになり、フナ、アユなどを焼くのを土蔵焼きというようになった。現在の包み焼きは、アルミ箔(はく)、硫酸紙、和紙、竹の皮などに包んで加熱したものをいい、かならずしも直火(じかび)で焼かなくても、包む形態のものに包み焼きの名がつけられている。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

包み焼きの関連情報