コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包丁鉄 ほうちょうてつ

3件 の用語解説(包丁鉄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

包丁鉄
ほうちょうてつ

日本古来の製鉄法たたらぶきで製造した粗鉄を鍛錬して鉱滓をしぼり出し,同時に炭素量を調整し,適当な大きさにした素材。通常,炭素 0.08~0.26%,硫黄,リンの少い純良な炭素鋼である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

包丁鉄
ほうちょうてつ

古代製鉄法で得られた鋼で、薄刃の包丁をつくりやすい炭素量の非常に低い鋼をいう。固体状態で鍛錬を繰り返して純化した包丁鉄には10%以上の酸化物がなお残存し、これが鍛錬方向に伸びている。地鉄の組成は純鉄ないし極(ごく)軟鋼に相当する。鋼を溶融して製錬する近代製鉄法において用いられる脱酸剤が添加されないのでマンガンやケイ素の含有量は非常に低い。[須藤 一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

包丁鉄の関連キーワード和鋼屑鉄法踏鞴吹きたたら研究会たたら節たたら製鉄日本刀制作下原重仲たたら(鑪∥踏鞴)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone