コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学親和力 カガクシンワリョク

百科事典マイペディアの解説

化学親和力【かがくしんわりょく】

化合物ができるのは各原子間にそれぞれの親和力が働くからだと考え,これを化学親和力と呼ぶ。化学親和力の尺度には種々あり,初め反応熱がとられたが,後には化学反応が進む際の自由エネルギーの減少価として定義され,等温等容変化ではギブズの自由エネルギー,等温等圧変化の場合はヘルムホルツの自由エネルギーを用いる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かがくしんわりょく【化学親和力】

物質間の反応性の違いを説明するために考えられた古典的な概念。一九世紀まで、物質の質量・濃度、反応熱などが、化学親和力を表す尺度として提唱された。現在では、化学変化による自由エネルギーの減少値によって表される。親和力。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

化学親和力
かがくしんわりょく
chemical affinity

物質間で化学的な相互作用をする能力、あるいは、その際に得られた化合物がもとのものに比べたときの安定性の度合いなどを表す古典的な用語。化学親和力の大きさは、時代によって違った熱力学量で表されてきた。19世紀のなかばには、化学反応の際に生ずる熱量が親和力の尺度として使われたが、自発的な吸熱反応が存在することから一般性に欠けることがわかった。
 1883年オランダのファント・ホッフは熱力学の第二法則を使って、次のように定義した。すなわち反応が自発的におこる方向と生成物の安定性は、反応の発熱量(エンタルピー変化)によって決まるのではなく、最大仕事によって決まることを示した。現在では、最大仕事のかわりに、定温・定圧の反応の場合にはギブスの自由エネルギーの減少が、また、定温・定積の場合にはヘルムホルツの自由エネルギーの減少が、化学親和力の尺度として用いられている。[戸田源治郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の化学親和力の言及

【化学反応】より

…ギリシアのエンペドクレスは愛と憎でこれを説明し,ヒッポクラテスはものとものとの親近性の結果として起こると考えた。これが化学反応を起こす原因となる化学親和力chemical affinityの概念の芽生えであった。スウェーデンのベリマンT.O.Bergman(1735‐84)は,多数の酸と塩基の組合せについて,相互に置換しあう酸と塩基の相対的な能力の差によって化学親和力の大きさを評価できると考えた。…

※「化学親和力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

化学親和力の関連キーワードトムセン(Hans Peter Jörgen Julius Thomsen)トムセン‐ベルテローの原理親和力(化学親和力)オストワルトファントホフエルステッドジョフロアグルベルググラウバーカーワン化学変化グルベル舎密開宗ボーゲ物質質量

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android