コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化粧塩 ケショウジオ

4件 の用語解説(化粧塩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けしょう‐じお〔ケシヤウじほ〕【化粧塩】

魚の焼き上がりを美しくするために、焼く直前に振りかけたり、尾やひれにまぶしたりする塩。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

けしょうじお【化粧塩】

魚を焼くときに、焼き上がりを美しく見せるために、焼く直前に表側に塩を振ること。特に、焦げるのを防ぐため、尾やひれにまぶすように塩をつけること。◇「飾り塩」ともいう。尾びれ背びれなどのひれにつけるものは「ひれ塩」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けしょうじお【化粧塩】

焼き上がりを美しくするために、塩焼きにする魚に焼く直前に振りかけたり、ひれにまぶしたりする塩。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

化粧塩
けしょうじお

焼き魚の処理法の一種。魚貝類を姿のまま焼くときに、尾やひれに塩をまぶして焦げないようにする。このときに用いる塩を化粧塩という。焼くと塩が乾いて美しく、文字どおり化粧をしたようになる。また魚貝類を塩焼きにする場合、塩をふってしばらくして洗い落とすか、立塩(たてじお)(5~10%くらいの塩水)につけて引き上げたあと、塩をぱらりとふるのも化粧塩の一種である。化粧塩は焼く直前に魚の水分をよくとってふるのであるが、尾びれの場合は人差し指と親指で尾びれを開き、塩をたっぷりすり込んで焼く。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化粧塩の関連キーワード上がりを請く手を焼く鍋尻を焼く化粧掛心焼く石焼き焼き肉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone