コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぱらり パラリ

デジタル大辞泉の解説

ぱらり

[副]
小さいものや軽いものが、まばらに、またわずかに落ちるさま。「雨がぱらりと降る」「髪がぱらりと抜ける」
まばらに散らばるさま。また、散らすさま。「ぱらりと塩こしょうをする」
紙・布などをめくる音や、そのさまを表す語。「本のページをぱらりとめくる」「帯をぱらりと解く」
はらり3」に同じ。
「―トウチクズス」〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぱらり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
軽い小さな物が落ちるさま。 「紙が-と落ちる」 「後れ毛が-と垂れる」
少量の物が散らばっているさま。また、散らばるようにするさま。 「種を-とまく」 「観客は-としか入っていない」
閉じている物を開いたりするさま。 「扇を-と開く」
すっかり。余すところなく。 「 -ト打チ崩ス/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android