化粧掛け(読み)けしょうがけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化粧掛け
けしょうがけ

製陶の一技法。陶磁器を焼く際,器面を美しく白く見せるために,素地に白色の陶土を塗ることをいう。また素地の表面をなめらかにするためにも化粧掛けを行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

化粧掛け
けしょうがけ

陶磁器の装飾技法の一種。釉薬(ゆうやく)を掛ける前に、素地(きじ)の上に別のきめの細かい土を塗ったり掛けたりして、陶磁器を美しくみせること。釉(うわぐすり)の下に施される白土や赤土を、白(しろ)化粧土、黒(くろ)化粧土という。素地の純白化をねらった白化粧法が一般的で、中国では6世紀には早くも行われた。のち、さらに装飾効果が求められ、白化粧法と黒化粧法が開発された。北宋(ほくそう)時代の磁州窯で多く用いられた掻落(かきおと)し技法がこれで、器面の化粧掛けを掻き落として文様を表す。わが国でも、江戸時代の尾形乾山(けんざん)が白化粧を刷毛(はけ)で塗って銹絵(さびえ)で絵付し、絵画的趣向を凝らしたのはその好例。[矢部良明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android