化粧柳(読み)ケショウヤナギ

デジタル大辞泉の解説

けしょう‐やなぎ〔ケシヤウ‐〕【化粧柳】

ヤナギ科の落葉高木。高さ約15メートル。幼樹の枝や葉は白蝋(はくろう)に覆われて白く、化粧したように見える。北海道の十勝日高および長野県上高地、シベリア東部、朝鮮半島北部に分布

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けしょうやなぎ【化粧柳】

ヤナギ科の落葉高木。本州中部と北海道の河原などに自生。枝や葉に毛がなく、白粉を帯びる。雌雄異株。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

化粧柳 (ケショウヤナギ)

学名:Chosenia arbutifolia
植物。ヤナギ科の落葉高木,高山植物,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android