コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北京=ジャカルタ枢軸 ペキン=ジャカルタすうじく Peking-Jakarta Axis

1件 の用語解説(北京=ジャカルタ枢軸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北京=ジャカルタ枢軸
ペキン=ジャカルタすうじく
Peking-Jakarta Axis

1965年における中国とインドネシアの蜜月状態をさすのに用いられた言葉。ときに周辺の反米諸国を加えて北京=ジャカルタ=平壌=ハノイプノンペン枢軸などとも称した。 55年のバンドン会議を契機に接近しつつあった両国は,1960年代に入って確立されたスカルノ体制のもとで,親中派インドネシア共産党 PKIが台頭し,西イリアン解放闘争からマレーシア粉砕闘争へと一連の戦闘的な「対決外交」が展開され,これを米ソ両国との対立で孤立化した中国が支援する形でますます緊密化し,反米=反ソの戦闘的グループを形成するにいたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北京=ジャカルタ枢軸の関連キーワードインドネシアインドネシア語派インドネシア海溝タマンミニインドネシアインダーインドネシアの恋唄イスタナ-ムルデカインドネシア大統領邸宅タマンミニインドネシア日本のインドネシア占領スプラトマン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone