コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北京=ジャカルタ枢軸 ペキン=ジャカルタすうじくPeking-Jakarta Axis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北京=ジャカルタ枢軸
ペキン=ジャカルタすうじく
Peking-Jakarta Axis

1965年における中国とインドネシアの蜜月状態をさすのに用いられた言葉。ときに周辺の反米諸国を加えて北京=ジャカルタ=平壌=ハノイ=プノンペン枢軸などとも称した。 55年のバンドン会議契機に接近しつつあった両国は,1960年代に入って確立されたスカルノ体制のもとで,親中派インドネシア共産党 PKIが台頭し,西イリアン解放闘争からマレーシア粉砕闘争へと一連の戦闘的な「対決外交」が展開され,これを米ソ両国との対立で孤立化した中国が支援する形でますます緊密化し,反米=反ソの戦闘的グループを形成するにいたった。 65年のインドネシアの国連脱退は,北京=ジャカルタ枢軸の頂点に位置するものであったが,インドネシアで九・三〇事件を契機とするスカルノ体制の崩壊,中国では文化大革命に伴う外交破綻によって,両国関係は一転して冷却に向った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

北京=ジャカルタ枢軸の関連キーワードアイジット

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android