コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北利根川 きたとねがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北利根川
きたとねがわ

茨城,千葉の県境をなし水郷地方を流れる川。別称常陸利根川。全長 26km。以前は霞ヶ浦と浪逆 (なさか) 浦を結ぶ川を北利根川と呼んでいたが,現在は外浪逆浦と利根川を結ぶ常陸川を含めて常陸利根川と呼ぶ。横利根川とともに利根川の旧河道で香取・鹿島神宮参拝の内陸水路として重要であった。特に鹿島神宮へは利根川から横利根川,北利根川,浪逆浦を経て一の鳥居のある大船津に渡った。沿岸のデルタには島,州,津や開拓の順序を示す番,分目の地名をもつ新田,干拓地が多い。沿岸の潮来,牛堀,加藤洲 (かとうず) の十二橋などは観光地。下流の利根川との合流点付近に,1963年常陸川水門が建設された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

北利根川の関連キーワード潮来[町]須田 幹三牛堀[町]潮来[市]須田幹三与田浦