コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北向雲竹 きたむき うんちく

美術人名辞典の解説

北向雲竹

江戸前・中期の書家。京都生。姓は初め林氏。野田氏とも。名は観・正実・忍、別号に渓翁・太虚庵等、通称は八郎右衛門。書を藤木敦直・春深房道朝に学び大師流をよくし、特に細楷書に巧みであった。また、篆刻・和歌・俳諧を得意とした。弟子に松尾芭蕉がいる。元禄16年(1703)歿、72才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北向雲竹 きたむき-うんちく

1632-1703 江戸時代前期の書家。
寛永9年生まれ。京都の人。藤木敦直(あつなお)に大師流をまなび,細楷(さいかい)(ちいさい楷書)にすぐれた。和歌,俳諧(はいかい),篆刻(てんこく)にたくみで,墨竹画もかき,松尾芭蕉(ばしょう)に書法をさずけたという。剃髪し明誉了海と名のった。元禄(げんろく)16年5月12日死去。72歳。姓は林。名は観,正実。通称は八郎右衛門。別号に渓翁,太虚庵,吸日窩。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

北向雲竹の関連キーワード江戸前猿蓑

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android