コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北垣国道 きたがき くにみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北垣国道 きたがき-くにみち

1836-1916 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家,官僚。
天保(てんぽう)7年8月27日生まれ。生家但馬(たじま)(兵庫県)養父(やぶ)郡の庄屋生野の変,戊辰(ぼしん)戦争に従軍する。維新後,高知,徳島の県令などをへて,明治14年京都府知事となり,琵琶湖疎水の第一疎水を完成させた。のち北海道庁長官,枢密顧問官貴族院議員。大正5年1月16日死去。81歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

北垣国道

没年:大正5.1.16(1916)
生年:天保7.8.27(1836.10.7)
明治期の官僚。父は鳥取藩郷士北垣三郎左衛門。号は静屋。文久3(1863)年尊攘派の志士平野国臣らが公家沢宣嘉を奉じて但馬国(兵庫県)生野代官所を襲撃した生野の変に参加し,失敗すると長州に逃走,同地で沢を迎えた。その後,鳥取に帰り切腹を図ったが,母に戒められ思いとどまった。戊辰戦争(1868~69)には藩士に列せられ参軍。維新後明治2(1869)年弾正少巡察に,さらに廃藩置県(1871)の際に郷里鳥取県の少参事に任じられた。その後,高知・徳島両県令を経て,14年1月から25年7月まで11年余にわたって京都府知事を務めた。在任中,京都商工会議所設立を認可し,琵琶湖疏水事業を計画,着手するなど同地の殖産興業政策を進めた。選挙干渉で有名な第2回総選挙ののち白根専一の後任として内務次官になったが,3日後に北海道庁長官に転じる。品川弥二郎とは親しい関係にあった。29年男爵に叙せられた。晩年は貴族院議員,枢密顧問官を務めた。<参考文献>井輪屋良二郎編『京都府知事北垣国道略伝』

(長井純市)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

北垣国道の関連キーワード西郷 菊次郎酒匂 常明田辺 朔郎千葉一胤森本後凋明治時代田辺朔郎運動家無刀流幕末

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北垣国道の関連情報