コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北堂書鈔 ほくどうしょしょう Bei-tang shu-chao

2件 の用語解説(北堂書鈔の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北堂書鈔
ほくどうしょしょう
Bei-tang shu-chao

中国,隋末の類書虞世南の編。 160巻。大業年間 (605~616) 成立。帝王,后妃など 19部をさらに 815類の事項に分け,それぞれについて,古籍から関連語句を引用した書で,清の孔広陶が注をつけている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほくどうしょしょう【北堂書鈔 Běi táng shū chāo】

完本として現存する中国最古の類書。隋の大業年間(605‐616)虞世南(ぐせいなん)が秘書郎在任中,詔勅をはじめとする公文書作成の参考書として群書中から語句をとり出し類別したもの。現行本は160巻。帝王,后紀,政術,刑法,封爵,設官,礼儀,芸文,楽,武功,衣冠,儀飾,服飾,舟,車,酒食,天,歳時,地の各部に分かれる。秘書省の後堂(北堂)で編纂事業が行われたことでかかる書名をもつ。【冨谷 至】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北堂書鈔の関連キーワード現存新撰字鏡千年家翰苑論語集解ポンヌフルプレヒト教会聖リプシメ教会浅草花やしき平江城坊図

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone