コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初学記 しょがくきChu-xue-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

初学記
しょがくき
Chu-xue-ji

中国の類書の徐堅らの編。 30巻。開元 15 (727) 年成立。唐の玄宗勅命を受けて編集したもの。典拠となる古今の詩文を,事項別に 23部 313項目に分類,配列してある。もと作詩文の参考として編まれたもので,「初学」という名もそれによるが,引用資料が確実で,また,すでに散逸した書が多い点で重要な資料となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょがくき【初学記 Chū xué jì】

中国,唐代の類書(百科事典)。徐堅らが玄宗の勅命を受けて編纂した。30巻。23部,313類よりなる。各類は,〈叙事〉において群書に見える用例を挙げ,〈事対〉において関連する用語を出典とともに記し,次に詩文を配する体裁をとる。玄宗の諸皇子が文を作るときの参考書として,使いやすさを第一に考えて編纂されたので,《初学記》と名づけられた。記事の正確さにおいては《芸文類聚》に優る。類書【勝村 哲也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

初学記の関連キーワード類聚国史北堂書鈔勅撰集秘府略三江志怪

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android