コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虞世南 ぐせいなんYu Shi-nan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

虞世南
ぐせいなん
Yu Shi-nan

[生]永定2(558)
[没]貞観12(638)
中国,初唐の書家,詩人,政治家。越州余姚 (よよう。浙江省) の人。字は伯施 (はくし) 。諡は文懿 (ぶんい) 。六朝の陳の頃から書と学才で知られる。初め隋の煬帝 (ようだい) に仕えたが重用されず,唐の太宗に信任され,弘文館学士,秘書監となり,太宗の顧問役としてしばしば諫言して名臣といわれた。『北堂書鈔』『帝王略論』などの著書がある。また智永に学んで書家として初唐の第一人者といわれ,温雅な書風で特に楷書にすぐれた。主要跡『孔子廟堂碑』『汝南公主墓誌稿』。詩も当時の宮廷詩壇の中心であり,陳の徐陵の影響を受けた。詩文集『虞秘監集』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

虞世南【ぐせいなん】

中国,唐の書家。字は伯施。浙江の人。隋の煬帝(ようだい)に仕えた後,唐の太宗にその人物・学識・書芸を高く評価された。智永王羲之の書法を学び,温雅で含蓄のある書風を作りあげた。
→関連項目薛稷

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぐせいなん【虞世南 Yú Shì nán】

558‐638
中国,唐初の名臣,書家。字は伯施。越州余姚(よよう)(浙江省)の人。南朝の陳,ついで隋に仕えたのち唐に帰した。太宗は秦王時代から即位後にかけて,その学識・人格を高く評価して顧問としたが,書の上でも話し相手として信頼した。官は秘書監にいたり,弘文館学士を兼ね,爵は永興県公にのぼった。彼は書を王羲之の子孫の僧智永に学び,その体を得たという。温和で含蓄のある書風が特徴で,楷・行・草ともによく,特に楷書にすぐれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぐせいなん【虞世南】

558~638) 中国、唐初の名臣・書家。字あざなは伯施はくし。太宗に仕え、その学識・人格を愛され、秘書監に至る。楷書にすぐれ、欧陽詢おうようじゆん・褚遂良ちよすいりようとともに唐の三大家といわれる。著「北堂書鈔ほくどうしよしよう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

虞世南
ぐせいなん
(558―638)

中国、初唐の書家。字(あざな)は伯施(はくし)。越州余姚(えっしゅうよよう)(浙江(せっこう)省余姚県)の人。幼少より好学で知られ、『玉篇(ぎょくへん)』の著者呉郡の顧野王(こやおう)に学び、詩文に長じていた。南朝の陳、ついで隋の煬帝(ようだい)に仕えたのち、唐に帰した。南朝末の僧智永(ちえい)について王羲之(おうぎし)の書法を学び、才を発揮、欧陽詢(おうようじゅん)遂良(ちょすいりょう)とともに、初唐の三大家と並び称された。唐代に入ると太宗(たいそう)に重用され、次々と昇進を重ね、最後は永興県公に任じている。太宗は世南に五絶ありとして、徳行、忠直、博学、文辞、書翰(しょかん)をあげて称揚した。筆跡として「孔子廟堂碑(こうしびょうどうのひ)」「汝南公(じょなんこう)墓誌銘」「積時帖(せきじじょう)」が知られている。[神崎充晴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の虞世南の言及

【永字八法】より

…その来源には張旭説,智永説,蔡邕(さいよう)・王羲之説の3通りある。一般には,後漢の蔡邕が嵩山(すうざん)の石室で書を学び,神授されたと伝えられ,蔡邕から崔瑗(さいえん),張芝,鍾繇(しようよう),王羲之を経て,王羲之7代の孫,隋の智永に伝わり,彼はこれを虞世南に授けて今日に伝わったとされる。おそらく,唐代に楷書の様式が定まるにつれて考案されたものであろう。…

【書】より

…とくにその動きの中心となったのが,太宗李世民である。太宗は財力を尽くして王羲之の書の収集に努めるとともに,弘文館を設置し,王羲之の書風を伝える欧陽詢と虞世南を招いて,貴族の子弟に楷法を教授させた。また官吏を任用する際にも,〈楷法遒美(しゆうび)〉を審査の一基準とした。…

【唐】より

… 唐は隋に引き続き,行政や軍事といった国家の根幹にかかわる制度については,おもに北朝の伝統を受け継いだが,芸術や文学については,漢民族の伝統を守ってきた南朝の貴族文化を受け継ぐことが多かった。唐初の人物画の名手であった閻立本(えんりつぽん)は顧愷之(こがいし)の手法を発展させたし,初唐の三大書家といわれる虞世南欧陽詢褚遂良(ちよすいりよう)は王羲之の正統を伝えて楷書を完成させた。儒教においても,太宗が孔頴達(くようだつ)に命じて編集させた《五経正義》は,漢以来の古典解釈学を集大成したものであるが,多く南朝の学説が採用された。…

【北堂書鈔】より

…完本として現存する中国最古の類書。隋の大業年間(605‐616)虞世南(ぐせいなん)が秘書郎在任中,詔勅をはじめとする公文書作成の参考書として群書中から語句をとり出し類別したもの。現行本は160巻。…

※「虞世南」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

虞世南の関連キーワード【ちょ】遂良雁塔聖教序百科事典十八学士永字八法賢聖障子北堂書鈔蘭亭序顔真卿褚遂良柳公権欧陽詢学才六朝王寵

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

虞世南の関連情報