北小路 功光(読み)キタコウジ イサミツ

20世紀日本人名事典の解説

北小路 功光
キタコウジ イサミツ

昭和期の小説家,歌人,美術史家



生年
明治34(1901)年4月23日

没年
平成1(1989)年2月27日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京帝大美術科中退

経歴
子爵北小路家に生れる。東京帝大中退後、シドニー大学で能、狂言を講義する。短歌、小説、戯曲、芝居の翻訳をしていたが、後に美術研究に専念。著書に「香道への招待」「花の行く方―後水尾天皇の時代」「修学院桂離宮―後水尾天皇の生涯」「説庵歌集」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android