コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北川千代 きたがわ ちよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北川千代 きたがわ-ちよ

1894-1965 大正-昭和時代の児童文学作家。
明治27年6月14日生まれ。江口渙(かん)と結婚,のち離婚。大正10年社会主義婦人団体赤瀾(せきらん)会に参加。少女小説絹糸の草履(ぞうり)」,童話「明るい空」などにまずしい人々の生活をリアルにえがいた。昭和40年10月14日死去。71歳。死後北川千代賞が設定された。埼玉県出身。三輪田高女中退。本名は高野千代。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北川千代
きたがわちよ
(1894―1965)

小説家、児童文学者。埼玉県大寄村(現深谷市)生まれ。私立三輪田高等女学校中退。17歳のとき『街はずれの記』で『女学世界』から初めて原稿料50円を得る。1915年(大正4)アナキズム作家江口渙(かん)と結婚。19年『赤い鳥』3月号に『世界同盟』を発表。以後、貧困者の生活をリアルに描いた童話や少女小説を書く。37年(昭和12)処女童話集『父の乗る汽車』を出版。ほかに『おかあさんを売る店』『「汽車の婆(ばあ)」の話』など。少女小説開拓者としての業績を記念して69年(昭和44)に北川千代賞が設定された。[西田良子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

北川千代の関連キーワード北川 千代西川 紀子昭和時代

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android