コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北川千代 きたがわ ちよ

2件 の用語解説(北川千代の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北川千代 きたがわ-ちよ

1894-1965 大正-昭和時代の児童文学作家。
明治27年6月14日生まれ。江口渙(かん)と結婚,のち離婚。大正10年社会主義婦人団体赤瀾(せきらん)会に参加。少女小説「絹糸の草履(ぞうり)」,童話「明るい空」などにまずしい人々の生活をリアルにえがいた。昭和40年10月14日死去。71歳。死後北川千代賞が設定された。埼玉県出身。三輪田高女中退。本名は高野千代。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北川千代
きたがわちよ
(1894―1965)

小説家、児童文学者。埼玉県大寄村(現深谷市)生まれ。私立三輪田高等女学校中退。17歳のとき『街はずれの記』で『女学世界』から初めて原稿料50円を得る。1915年(大正4)アナキズム作家江口渙(かん)と結婚。19年『赤い鳥』3月号に『世界同盟』を発表。以後、貧困者の生活をリアルに描いた童話や少女小説を書く。37年(昭和12)処女童話集『父の乗る汽車』を出版。ほかに『おかあさんを売る店』『「汽車の婆(ばあ)」の話』など。少女小説開拓者としての業績を記念して69年(昭和44)に北川千代賞が設定された。[西田良子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北川千代の関連キーワード岡本良雄加藤多一菅忠道斎田喬酒井朝彦高垣眸高津弌二反長半槙本楠郎吉田甲子太郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone