コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北斗曼荼羅 ほくとまんだら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北斗曼荼羅
ほくとまんだら

星曼荼羅ともいう。一字頂輪王 (釈迦金輪) および,北斗七星を神格化した妙見菩薩を中心に,その周囲に九曜十二宮,二十八宿をかたどる図像を3重に配した曼荼羅。方形,円形の2種がある。中国の北斗七星信仰を取入れ,天災,疫病の消滅と延命息災を祈る密教の北斗供や星祭の本尊として制作された。日本では藤原時代後期から盛んになり,現在でも民間に広く信仰されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の北斗曼荼羅の言及

【星宿】より

…〈しょうしゅく〉とも読まれ,古代中国において天球上の28の星座を意味する二十八宿のことであるが,仏教の尊像としては〈星宿〉より〈宿曜(しゆくよう)〉という語があり,二十八宿をはじめ十二宮,七曜および九曜なども含め,星や星座を神格化した諸尊を総称していう。これらは単独で信仰され造像されることはないが,密教の修法である北斗七星法に用いる北斗曼荼羅(星曼荼羅)の中に表される。北斗曼荼羅は一字金輪仏頂を本尊とする3重の曼荼羅で,内院に本尊とそれをとりまく北斗七星7尊と九曜9尊,第二院に十二宮の12尊,外側の第三院に二十八宿28尊を描く。…

【星曼荼羅】より

…釈迦金輪を中尊とし,周囲に九曜や北斗七星をめぐらす曼荼羅。北斗曼荼羅とも称される。釈迦金輪は釈迦仏の仏頂より出現し,中央須弥山(しゆみせん)上に結跏趺坐(けつかふざ)して両手で膝上に金輪をとる。…

※「北斗曼荼羅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北斗曼荼羅の関連キーワード北斗七星法星曼荼羅玄証星宿

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android