コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星曼荼羅 ほしまんだら

世界大百科事典 第2版の解説

ほしまんだら【星曼荼羅】

釈迦金輪を中尊とし,周囲に九曜や北斗七星をめぐらす曼荼羅北斗曼荼羅とも称される。釈迦金輪は釈迦仏の仏頂より出現し,中央須弥山(しゆみせん)上に結跏趺坐(けつかふざ)して両手で膝上に金輪をとる。第二院に十二宮,第三院に二十八宿をめぐらす同心円的な円曼荼羅と,重郭的な方曼荼羅とがある。平安時代末の仏画に奈良法隆寺本(円)と大阪久米田寺本(方)とが知られる。円曼荼羅は天台宗(延暦寺慶円始修),方曼荼羅は真言宗(仁和寺寛助始修)で,ともに日本で創られたものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

星曼荼羅の関連キーワード北斗七星法妙見菩薩星宿

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

星曼荼羅の関連情報