コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条時村(2) ほうじょう ときむら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北条時村(2) ほうじょう-ときむら

1242-1305 鎌倉時代の武将。
仁治(にんじ)3年生まれ。北条政村の子。引付(ひきつけ)衆,評定衆,引付頭人などをへて,建治(けんじ)3年六波羅(ろくはら)探題北方となる。のち鎌倉にかえり,正応(しょうおう)2年寄合衆,正安3年執権北条師時(もろとき)のもとで連署となる。和歌にすぐれ「続拾遺和歌集」などに歌がのこる。嘉元(かげん)3年4月23日師時と対立する北条宗方に討たれた。64歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

北条時村(2)の関連キーワード仁治

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android