コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条時益 ほうじょう ときます

2件 の用語解説(北条時益の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北条時益 ほうじょう-ときます

?-1333 鎌倉時代の武将。
北条時敦の子。元徳2年六波羅(ろくはら)探題南方となる。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年反幕挙兵の赤松則村(のりむら),足利高氏(尊氏)らに六波羅を攻めおとされる。六波羅探題北方の北条仲時とともに,光厳(こうごん)天皇を奉じて東へのがれたが,同年5月7日京都東山(関山,四宮河原,守山の説もある)で戦死。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

北条時益

没年:正慶2/元弘3.5.7(1333.6.19)
生年:生年不詳
鎌倉末期の最後の六波羅探題。時敦の子。左近将監。元徳2(1330)年六波羅探題南方に就任。正慶2/元弘3(1333)年後醍醐天皇に応じた楠木正成,赤松則村,足利高氏らと戦うが,六波羅を攻め落とされる。探題北方の仲時と共に光厳天皇らを奉じて東国を目指したが,四宮河原で流れ矢に当たり死去した。

(森幸夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北条時益の関連キーワード北条茂時北条時顕北条時国北条時定(2)北条時定(3)北条時広北条時村(1)北条時盛北条宗頼北条時敦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone