コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四宮河原 しのみやがわら

2件 の用語解説(四宮河原の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

四宮河原【しのみやがわら】

山城国宇治郡山科郷(現京都市山科区)を南流する四宮川と東西に走る東海道が交差するあたりに広がっていた河原。交通の要所で,平安時代末期にはが立ち,地蔵が祀られていた(《宇治拾遺物語》)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しのみやがわら【四宮河原】

京都市山科区四宮付近において四宮川の川沿いに広がっていた河原。古くから京より東国へ向かう交通の要衝にあり,《平家物語》や《太平記》などにもその名が見える。中世に京都を中心に諸国を遍歴した琵琶法師たちはこの地で石を積み,道祖神をまつる姿で彼らの座の神事を行ったと伝えられる(《当道要集》《雍州府志》)。《宇治拾遺物語》には〈今は昔,山科の道づらに,四の宮川原と云所にて,袖くらべといふ,あき人あつまる所あり〉と見え,市も開かれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

四宮河原の関連キーワード山科区京都薬科大学一灯園栗栖野四宮職山科山科別院山科本願寺人康親王四宮晴成

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone