コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条氏房 ほうじょう うじふさ

2件 の用語解説(北条氏房の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北条氏房 ほうじょう-うじふさ

1565-1592 織豊時代の武将。
永禄(えいろく)8年生まれ。北条氏政(うじまさ)の子。天正(てんしょう)10年前城主で兄の太田源五郎のあと武蔵(むさし)岩付(いわつき)城(埼玉県)城主となる。18年豊臣秀吉小田原攻めでは小田原城にたてこもってたたかった。降伏後,高野山にはいる。天正20年4月20日死去。28歳。通称は十郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

北条氏房

没年:文禄1.4.20(1592.5.31)
生年:永禄8(1565)
安土桃山時代の武将。武蔵岩槻城(埼玉県岩槻市)城主。氏政と武田晴信(信玄)の娘の子。幼名菊王丸,通称十郎。太田氏資の跡を継ぎ源五郎を襲名していた兄の国増丸が天正10(1582)年に没したのち,岩槻城主となる。そのため一般には太田氏房ともいわれるが,太田氏は継承していないものと思われる。同18年の小田原の陣に際しては小田原に籠城して戦い,戦況不利とみると兄氏直に,徳川家康を頼って豊臣秀吉と和議するよう進言したという。降伏後,氏直に従い高野山に入るが,のち肥前唐津城主寺沢広高に預けられ,同地で死去。家運の危機にあって兄氏直をよく助けた。

(佐脇栄智)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北条氏房の関連キーワード道恵文閑細川玄旨山岡如軒清巌安土桃山時代塙団右衛門横目付太田氏資太田資正

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone