コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条茂時 ほうじょう しげとき

2件 の用語解説(北条茂時の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北条茂時 ほうじょう-しげとき

?-1333 鎌倉時代の武将。
北条煕時(ひろとき)の子。母は北条貞時(さだとき)の娘。右馬権頭(うまのごんのかみ),小侍所別当,引付頭人(ひきつけとうにん)などをへて元徳2年幕府の連署となる。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年5月22日幕府滅亡の際,北条高時(たかとき)ら一門とともに鎌倉東勝寺で自刃(じじん)した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

北条茂時

没年:正慶2/元弘3.5.22(1333.7.4)
生年:生年不詳
鎌倉後期の武将。父は煕時。母は貞時の娘。文保1(1317)年に左近将監,嘉暦1(1326)年に右馬権頭となり,同年の赤橋守時の執権就任後の引付改革で一番引付頭人となり元徳2(1330)年までその地位にあり,同年から元弘3(1333)年まで連署。所領に関東御領の伊勢国栗真荘(三重県津市)が知られる。

(福島金治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北条茂時の関連キーワード正和足助重信塩飽聖遠北条兼時(1)北条時顕北条時国北条時益北条時盛北条煕時村山義信

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone