コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条茂時 ほうじょう しげとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北条茂時 ほうじょう-しげとき

?-1333 鎌倉時代の武将。
北条煕時(ひろとき)の子。母は北条貞時(さだとき)の娘。右馬権頭(うまのごんのかみ),小侍所別当,引付頭人(ひきつけとうにん)などをへて元徳2年幕府の連署となる。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年5月22日幕府滅亡の際,北条高時(たかとき)ら一門とともに鎌倉東勝寺で自刃(じじん)した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

北条茂時

没年:正慶2/元弘3.5.22(1333.7.4)
生年:生年不詳
鎌倉後期の武将。父は煕時。母は貞時の娘。文保1(1317)年に左近将監,嘉暦1(1326)年に右馬権頭となり,同年の赤橋守時の執権就任後の引付改革で一番引付頭人となり元徳2(1330)年までその地位にあり,同年から元弘3(1333)年まで連署。所領に関東御領の伊勢国栗真荘(三重県津市)が知られる。

(福島金治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

北条茂時の関連キーワード建武新政赤橋英時赤橋守時安達時顕有元佐弘大仏貞直金沢貞将菊池武時北条茂時北条高家

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone