コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北海大陸棚事件 ほっかいたいりくだなじけんNorth Sea Continental Shelf Case

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北海大陸棚事件
ほっかいたいりくだなじけん
North Sea Continental Shelf Case

西ドイツとデンマーク,オランダ間の北海における大陸棚の境界線をめぐる紛争。国際司法裁判所は 1969年2月 20日に判決を下して,大陸棚に関する条約の第1条から第3条までは慣習法の規則であるが第6条の等距離方式は慣習法の規則でないこと,大陸棚が沿岸国領域の海中への自然の延長であって当然に沿岸国に属すると述べ,衡平の原則に従って当事国間の合意を通じて行われるべきであるとした。自然延長の原則は,後に国連海洋法条約 76条の大陸棚の定義に取入れられ,国際法の発展に大きな影響を与えた。 (→大陸棚マージン )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android