コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北燕 ほくえんBei-yan; Pei-yen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北燕
ほくえん
Bei-yan; Pei-yen

中国,五胡十六国の一つ。後燕の将軍馮跋 (ふうばつ) の建てた国 (409~438) 。竜城 (遼寧省朝陽) を都としたが北魏の圧迫に苦しみ,南朝の宋に入貢したりした。跋が死ぬと弟の天王の位についた。弘は北魏に和を請い,藩と称して,貢献したりしたが,太興6 (436) 年北魏に攻められ,弘は高句麗に逃れたが,北魏の太延4 (438) 年高句麗王に殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほく‐えん【北燕】

中国、五胡十六国の一。409年、後燕の武将馮跋(ふうばつ)が後を滅ぼして建国。都は竜城。436年、2世で北魏によって滅ぼされた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほくえん【北燕】

中国、五胡十六国の一。漢人の馮跋ふうばつが後燕を滅ぼし竜城(遼寧省)に都して建国(409~436)。二代で北魏ほくぎに滅ぼされた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北燕
ほくえん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の北燕の言及

【燕】より

…苻堅が淝水で東晋に敗れると,一族は国家再興を企て,西燕(384‐394)と後燕(384‐407)が興ったが,後燕は西燕を滅ぼし,河北,河南,山西,山東さらに遼東に及ぶ広大な帝国を建設した。しかし397年北魏が首都中山(河北省定県)に迫ると,国家は瓦解して南燕(河南,398‐410)と北(407‐436)に分裂した。【谷川 道雄】。…

※「北燕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北燕の関連キーワード燕(五胡十六国時代)太武帝胡太后

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北燕の関連情報