コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拓跋珪 タクバツケイ

デジタル大辞泉の解説

たくばつ‐けい【拓跋珪】

道武帝

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たくばつけい【拓跋珪 Tuò bá Guī】

371‐409
中国,北の初代皇帝,太祖道武帝。在位398‐409年。祖父拓跋什翼犍の死を契機に拓跋部は危機に襲われたが,拓跋珪は母方の賀蘭部の後見によって国家の再建をはかり,386年(登国1)代王を称した。以後約10年間長城地帯の制覇につとめたのち,南進して後燕を攻撃,397年(皇始2),その首都中山を攻略した。翌年平城で帝位につき,国号を魏と改めた。山西,河北を手中に収めた北魏は,こうして中原王朝としての第一歩をふみ出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たくばつけい【拓跋珪】

371~409) 中国、北魏の初代皇帝(在位386~409)。廟号びようごうは太祖。諡おくりなは道武帝。拓跋部を統一し、平城(大同)に都し、中国的王朝を創始した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

拓跋珪
たくばつけい

道武帝[北魏]」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

拓跋珪
たくばつけい
(371―409)

中国、北魏(ほくぎ)初代の皇帝(在位386~409)。諡号(しごう)は道武帝。廟号(びょうごう)は太祖。前秦(ぜんしん)に滅ぼされた代王拓跋什翼(じゅうよくけん)の孫。(ひすい)の敗戦で前秦が瓦解(がかい)すると、386年代王の位につき、ついで国号を魏と改め盛楽(内モンゴル自治区)に都を置いた。後燕(こうえん)を破って中原(ちゅうげん)に進出すると、398年帝位に登り平城(大同)に遷都した。帝は後燕(こうえん)系を主とする漢人官僚を用いて、官制、儀礼、律令(りつりょう)などの諸制度を定め、大規模な徙民(しみん)(住民を他郷に移す)を行って北魏の基礎を固めた。部族解散を断行して軍事力の根幹たる北方遊牧民を部族長の統率下から離して帝権に直結したことは、他の五胡(ごこ)諸国と異なる点として注目される。晩年には功臣を多く誅殺(ちゅうさつ)するなど独裁化し、子の清河王紹に殺された。[窪添慶文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の拓跋珪の言及

【魏】より

…拓跋部の故地は興安嶺北部と見られ,西遷して盛楽(内モンゴルのホリンゴール)を根拠に諸部族の盟主となり,部族連合によってなる代王国を建設,魏・晋両王朝とも交渉をもった。西の滅亡過程には山西方面から南進を試み,397年代王拓跋珪は後燕の首都中山を攻略して河北一帯を領有,その翌年平城(山西省大同)を首都として魏帝国を建てた(道武帝)。これよりさき部落解散を断行して族長層の部落統率権を君主に集中したが,旧部族民はその後も漢族と異なるあつかいを受け,国軍の精鋭として征戦に活躍した。…

※「拓跋珪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone