コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

医療通訳 イリョウツウヤク

2件 の用語解説(医療通訳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いりょう‐つうやく〔イレウ‐〕【医療通訳】

医療現場で、その国の言葉を理解できない患者の通訳を行うこと。また、それを行う人。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

医療通訳
いりょうつうやく

医療現場で、その国のことばを理解できない外国人患者と医療従事者との間で通訳を行うこと。メディカルツーリズム医療観光)の利用が増えるなかで、日本でも2011年1月に医療滞在ビザの発行が開始され、一部の医療機関では外国人患者の受入れも始まり、医療通訳が必要となるケースが増えている。厚生労働省では、医療通訳者(医療通訳士)の質を確保し専門職として機能させるために、医療通訳者を養成または雇用・派遣する養成機関向けに「医療通訳育成カリキュラム基準」を提示し、行うべき研修や指導についてまとめている。
 これとは別に、経済産業省の委託を受けて、養成講座を開設した大学もある。また、一般社団法人日本医療通訳協会では、医療通訳士検定試験と、検定試験合格者の登録を行っている。さらに、外国人が日本人と同水準の医療を享受できるようにするためには、保健医療分野の専門知識をもつ人材が必要として、医療通訳士協議会(JAMI:Japan Association of Medical Interpreters)が設立され、医療通訳者に対する報酬と身分を保障するための活動を行っている。ほかに、世界的な組織であるIMIA(International Medical Interpreters Association、国際医療通訳士協会)によって、医療通訳者の質の確保と向上のためのさまざまなワークショップも開催されている。さらには、特定の国からの出稼ぎ労働者の多い自治体では、NPO法人などによって診察室での通訳や電話での応対が行われており、医療通訳者の養成や派遣を行う民間企業も出てきている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

医療通訳の関連情報