十三門跡(読み)ジュウサンモンゼキ

デジタル大辞泉の解説

じゅうさん‐もんぜき〔ジフサン‐〕【十三門跡】

13の主要な門跡寺院。天台宗輪王寺妙法院聖護(しょうご)院・照高院・青蓮(しょうれん)院・梶井宮(かじいのみや)(三千院)・曼殊(まんじゅ)院・毘沙門(びしゃもん)堂円満院真言宗仁和(にんな)寺大覚寺勧修(かじゅう)寺浄土宗知恩院

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうさんもんぜき【十三門跡】

主な一三の門跡寺院の称。天台宗の輪王寺・妙法院・聖護院・昭高院・青蓮しようれん院・梶井宮(三千院)・曼殊まんじゆ院・毘沙門堂・円満院、真言宗の仁和寺・大覚寺・勧修かんじゆ寺、浄土宗の知恩院。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android