コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諷誦 フウジュ

デジタル大辞泉の解説

ふう‐じゅ【××誦】

[名](スル)ふじゅ(諷誦)

ふう‐しょう【××誦】

[名](スル)声をあげて読むこと。そらんじてうたうこと。

ふ‐じゅ【××誦】

経文や偈頌(げじゅ)を声をあげてよむこと。また、暗誦すること。ふうじゅ。
「御―行はせ給ひける時」〈拾遺哀傷詞書
諷誦文(ふじゅもん)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諷誦 ふうじゅ

?-? 平安時代中期の刀工。
安房の孫,猛房の子という。永延-正暦(しょうりゃく)(987-995)のころの人。陸奥(むつ)舞草(もくさ)(岩手県)の鍛冶集団の刀工で,一説に名刀小烏丸の作者ともいう。風数と同一人物という説や出羽(でわ)月山派の一族という説などがある。名は「ふうしょう」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふうじゅ【諷誦】

( 名 ) スル
声を出して読むこと。特に、経文などを読むこと。ふうしょう。ふじゅ。

ふうしょう【諷誦】

( 名 ) スル

ふじゅ【諷誦】

( 名 ) スル
経文などを声を出して唱えること。ふうじゅ。 「僧都泣く泣く-を行ふ事両度なり/今昔 15
「諷誦文」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

諷誦の関連キーワード東大寺諷誦文稿封・楓・諷・風天地創造神話尊助法親王分き分きし熊野の本地菩提僊那負ひ持つ仏教文学少弐貞経三条公忠阿仏尼信心銘訓伽陀安居院諷誦文正信偈僧都今昔偈頌

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android