十二貫野台地(読み)じゅうにかんのだいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十二貫野台地
じゅうにかんのだいち

富山県北東部,黒部川扇状地の南方に続く洪積台地。黒部川の旧扇状地で,標高約 100~300m,東から西に向って傾斜している。天保 10 (1839) 年加賀藩から新田開発を命じられた椎名道三が黒部峡谷左岸の小支流の尾沼谷から絶壁をうがって長さ 30kmの十二貫野用水を開削し水田化に成功した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android