コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椎名道三 しいな どうさん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

椎名道三 しいな-どうさん

1790-1858 江戸時代後期の新田開発者。
寛政2年生まれ。測量・土木技術にすぐれ,天保(てんぽう)8年(1837)加賀金沢藩の新田裁許列新開勢子役となる。黒部峡谷から水路を開削し,布施山開,室山野開などをひらく。生涯に1200haの新田を開拓した。安政5年5月5日死去。69歳。越中(富山県)出身。本姓は宝田。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

椎名道三の関連キーワード十二貫野台地十二貫野用水

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android