十地経(読み)じゅうじきょう

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅうじきょう ジフヂキャウ【十地経】

大乗経典の一つ。大菩薩の修行の階位を一〇の段階に分けて説く。成立は一~二世紀。本来は独立した経典であったが、後に「華厳経」の一章(十地品)として収められた。単独の訳としては、尸羅達摩(しらだつま)訳、九巻がある。十地。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android