コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十市(とおち)なす

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

十市なす[果菜類]
とおちなす

四国地方、高知県の地域ブランド。
主に南国市十市地区で生産されている。1935(昭和10)年、初月真黒という品種の自然交配によって選抜・育成されたと伝えられる。重さは10g〜30gの卵形光沢のある黒紫色の果皮とへた下の白い果皮のコントラストが魅力。皮は薄く果肉が詰まっている。一年中出荷され、煮くずれや色の流れが少ないことから、天ぷらや煮物に利用される。また、漬物加工用としての需要も伸びている。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android