コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十市王洋 とおち おうよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十市王洋 とおち-おうよう

?-1897 江戸後期-明治時代の日本画家。
十市石谷(せきこく)の子。豊後(ぶんご)(大分県)杵築(きつき)藩士。父に画の手ほどきをうけ,田能村竹田(たのむら-ちくでん)に私淑(ししゅく)。長崎の鉄翁祖門(てっとう-そもん),国学者物集高世(もずめ-たかよ)にもまなぶ。和歌もよくした。明治30年1月8日死去。名は安居(やすおき)。通称は錫,左衛士。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

十市王洋の関連キーワード永松 春洋永松春洋三井飯山十市安居十市石谷

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android