コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十市王洋 とおち おうよう

1件 の用語解説(十市王洋の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十市王洋 とおち-おうよう

?-1897 江戸後期-明治時代の日本画家。
十市石谷(せきこく)の子。豊後(ぶんご)(大分県)杵築(きつき)藩士。父に画の手ほどきをうけ,田能村竹田(たのむら-ちくでん)に私淑(ししゅく)。長崎の鉄翁祖門(てっとう-そもん),国学者の物集高世(もずめ-たかよ)にもまなぶ。和歌もよくした。明治30年1月8日死去。名は安居(やすおき)。通称は錫,左衛士。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

十市王洋の関連キーワード雨森白水田中抱二綾岡輝松飯島光峨石田遊汀(2)島本青宜関直吉野馬一道村瀬双石山崎董洤

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone