コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十時梅崖 とどき・ばいがい

1件 の用語解説(十時梅崖の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

十時梅崖

没年:享和4.1.23(1804.3.4)
生年:享保17(1732)
江戸中期の儒学者。名ははじめ業のち賜。字ははじめ季長のち子羽,通称半蔵。梅崖は号,別号顧亭,清夢軒,天臨閣。摂津国大坂(大阪市)に生まれる。伊藤東所に入門,古義学を学ぶが,のち朱子学を信奉した。伊勢国長島藩の儒者となり,長島(三重県桑名郡長島町)に移住。同藩では享保7(1722)年に藩校文礼館が設けられ,天木時中山崎闇斎系の朱子学を伝えた。しかし中絶していたので,天明5(1785)年梅崖を中心として再興した。梅崖は,書画,篆刻の面でも著名。豪放らいらくな文人だったらしい。<参考文献>芳村笛村『梅崖先生伝』

(三宅正彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十時梅崖の関連キーワード漢儒並河天民伊藤梅宇赤田臥牛宇野士朗河野鳳渚国分元杏島津華山清水天民由良箕山

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone