コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十牛 ジュウギュウ

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐ぎゅう〔ジフギウ〕【十牛】

禅宗で、悟りの境地に至るまでの階程を示す便宜として、牛と牧童との関係に託して設けた10の段階。尋牛・見跡・見牛・得牛・牧牛(ぼくご)・騎牛帰家・忘牛存人・人牛倶忘・返本還源(へんぽんげんげん)・入鄽垂手(にってんすいしゅ)。これを図と頌(じゅ)によって示したものを十牛図という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

十牛の関連キーワード柴山 全慶高泉性潡痴兀大慧実伝宗真無等周位臨済宗河伯

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十牛の関連情報