コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利他 りた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

利他
りた

他人の福利を願うこと。自分を犠牲にして,他人利益を与えること。仏教用語では,人々に功徳,利益を施して救済すること。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

り‐た【利他】

他人に利益となるように図ること。自分のことよりも他人の幸福を願うこと。
仏語。人々に功徳・利益(りやく)を施して救済すること。特に、阿弥陀仏の救いの働きをいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りた【利他】

自分を犠牲にしても他人の利益を図ること。
〘仏〙 自己の善行の功徳によって他者を救済すること。 ↔ 自利

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

利他の関連キーワード上求菩提・下化衆生オルトルイズム利己的遺伝子エゴイズム自利・利他道徳感覚説利他的行動ギュイヨー社会生物学血縁淘汰小乗仏教三聚浄戒広瀬宰平リップスヘルパー自利利他利己主義利他主義他愛主義愛他主義

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

利他の関連情報