利他(読み)りた

デジタル大辞泉の解説

り‐た【利他】

他人に利益となるように図ること。自分のことよりも他人の幸福を願うこと。
仏語。人々に功徳・利益(りやく)を施して救済すること。特に、阿弥陀仏の救いの働きをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りた【利他】

自分を犠牲にしても他人の利益を図ること。
〘仏〙 自己の善行の功徳によって他者を救済すること。 ⇔ 自利

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

り‐た【利他】

〘名〙
① 他人に利益を与えること。自分を犠牲にして、他人のために尽くすこと。人々に功徳(くどく)、利益(りやく)を施して救済すること。
※性霊集‐二(835頃)沙門勝道上補陀洛山碑「利他有時、虚心逐物」
※三帖和讚(1248‐60頃)浄土「自利々他円満して 帰命方便巧荘厳、こころもことばもたえたれば、不可思議尊に帰命せよ」 〔発菩提心経論‐上〕
② 特に阿彌陀仏の救いのはたらきをいう。
※教行信証(1224)四「宗師顕示大悲往還回向、慇懃弘宣他利利他深義

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

利他の関連情報