千丈の堤も蟻穴より崩るる(読み)せんじょうのつつみもぎけつよりくずるる

故事成語を知る辞典の解説

千丈の堤も蟻穴より崩るる

小さな誤りやわずかな油断がもとで、大事を引き起こしたり失敗したりすることのたとえ。

[使用例] こちらの家庭への口出しや、経済的、物質的に何かを受けとることは、へのオモチャさえ断わったことがあるほど頑固に拒んだ。の穴からが崩れるということもある[中坊公平*金ではなく鉄として|2002]

[由来] 「韓非子ろう」の一節から。の中の大事件は必ず些細なことから生じていると述べたあと、「千の堤も、ろうの穴をもっついゆ(千丈もある堅固な堤も、小さなケラアリの穴がもとで崩れる)」と続けています。なお、「丈」は昔の長さの単位で、当時の千丈は、約二・五キロメートルにあたります。

〔異形〕蟻の穴から堤も崩れる

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せんじょう【千丈】 の 堤(つつみ)も=蟻穴(ぎけつ・ありあな)[=螻蟻(ろうぎ)の一穴(いっけつ)]より=崩(くず)るる[=潰(つい)ゆ]

(「韓非子‐喩老」の「千丈之堤以螻蟻之穴潰、百尺之室以突隙之烟焚」による語) 千丈もある堅固な堤も、小さなアリやケラの穴がもとでくずれる。小さな誤りやわずかな油断がもとで、大事をひきおこしたり失敗したりすることのたとえ。千丈の堤も蟻の一穴。蟻の穴から堤も崩れる。〔土井本周易抄(1477)〕
※歌舞伎・四十七石忠矢計(十二時忠臣蔵)(1871)序幕「千丈(センヂャウ)の堤(ツツミ)も螻蟻(ロウギ)の一穴(いっケツ)より崩(クヅ)るる習ひ、今大望の際となり、万一変心などなすものあって事の破れに及ぶ時は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android