コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石山源氏 いしやまげんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石山源氏
いしやまげんじ

山田流箏曲の曲名。奥歌曲。千代田検校作曲。能の『源氏供養』を原拠とし,上下2曲に分れる。上は,安居院の高僧法印が石山寺の観世音に参詣しようとしたところ,紫式部の霊である里女に呼びとめられ,女の求めに応じて光源氏を供養するという内容。下は,『源氏物語』の巻名を読込んだ供養の願文から始り,最後に紫式部は観世音の化身であったと締めくくる。上では,三弦三下りから本調子,三下りに戻る。箏は雲井調子。下では,三弦は低二上りから三下り。箏は半岩戸調子 (夕鐘調子ともいう) から雲井調子。上下を別々に演奏するのが通常であるが,続けて演奏する場合には,上の最後の部分を変え,下の前弾きを合の手とする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android