千成瓢箪(読み)センナリビョウタン

精選版 日本国語大辞典の解説

せんなり‐びょうたん ‥ベウタン【千成瓢箪】

〘名〙
① ウリ科の果菜ユウガオの栽培品種。ヒョウタンに近いが果実は長さ三センチメートルぐらいで小さく、多数できる。未熟果を煮たり奈良漬にしたりして食べる。せんなりひさご。
※俳諧・毛吹草(1638)四「今宮千生瓢箪(いまみやのセンナリベウタン)
② 瓢箪の群生している様子を図案化したもの。豊臣秀吉の馬印として有名。せんなりひさご。
※読本・絵本太閤記(1797‐1802)初「是より後瓢箪を馬印にし、戦功有毎に小き瓢を一つ宛増けるにぞ、千生瓢箪(センナリベウタン)とて其名天下に普く高し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android