コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千手廉斎 せんじゅ れんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千手廉斎 せんじゅ-れんさい

1738*-1819 江戸時代中期-後期の儒者。
元文2年12月30日生まれ。日向(ひゅうが)(宮崎県)高鍋(たかなべ)藩士。江戸にでて宇井黙斎にまなぶ。安永6年藩校創設を建言。翌年明倫堂が設立されると教授となった。文政2年1月3日死去。83歳。本姓は三浦。名は興欽(おきかね)。字(あざな)は一静。通称は八太郎。別号に広斎。著作に「周易講義」「近思録講義」「自求録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

千手廉斎の関連キーワード千手旭山儒者

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android