コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千木箱 チギバコ

デジタル大辞泉の解説

ちぎ‐ばこ【千木箱】

《もと神社の千木余材で作ったところから》東京の芝大神宮の9月の祭礼の際、生姜市(しょうがいち)で売る小判形の檜(ひのき)の曲物(まげもの)の絵箱。外面に丹・緑青胡粉などで藤の花を描き、中に飴(あめ)やいり豆を入れる。女性がたんすの中に納めておくと衣服のふえるまじないになるという。ちぎびつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

千木箱の関連キーワード御台櫃千木櫃

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android