コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千石どおし せんごくどおし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千石どおし
せんごくどおし

「万石どおし」ともいう。脱穀した舂米 (つきまい) から,籾殻や粃 (しいな) を除去する選別器具。江戸時代前期に発明されたが,この器具により労働が数倍軽減され,改良も加えられた。 (→農具 , 籾すり機 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone