千葉常重(読み)ちば つねしげ

朝日日本歴史人物事典の解説

千葉常重

没年:治承4.5.3?(1180.5.28)
生年:永保3.3.29?(1083.4.18)
平安後期の武士。常兼の子。鎌倉幕府草創に活躍した常胤の父。叔父常晴(上総氏の祖)の養子となり,下総国千葉郡・相馬郡・立花郷などを支配。12世紀前半ごろ,本領千葉郡を皇室に寄進し,千葉庄検非違使所となる。本領の地名と下総権介に任じたことから千葉介と号した。大治5(1130)年相馬の地を伊勢神宮に寄進,これが相馬御厨となるとその下司(荘園管理の現地事務を行う荘官)に補されたが,国守や近隣在地勢力などの介入によって支配権は安定せず,その課題解決は子の常胤に委ねられた。<参考文献>福田豊彦『千葉常胤』,野口実『坂東武士団の成立と発展』

(野口実)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

千葉常重 (ちばつねしげ)

生年月日:1083年3月29日
平安時代後期の武士
1180年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の千葉常重の言及

【相馬御厨】より

…下総国相馬郡(現在の取手・我孫子・柏市の一帯)に設けられた伊勢神宮領。《神鳳鈔》によればその面積1000町歩に及ぶ。桓武平氏の流れを汲む平良文が開発し,平安末期にはその子孫である千葉氏が伝領するところとなった。1130年(大治5)下総権介平常重(経繁)のときに下司職を留保して伊勢神宮に寄進し,その後豊受大神宮にも寄進しており,二宮領御厨として室町時代まで続いた。常重の寄進状によると伊勢神宮へ寄進するに際して,荒木田延明を口入神主とし,供祭物として田畠地利上分と土産のサケを奉納し,加地子職ならびに下司職は子孫の相伝とする旨を記している。…

※「千葉常重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android