コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉重胤(1) ちば しげたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉重胤(1) ちば-しげたね

1576-1633 織豊時代の武将。
天正(てんしょう)4年1月1日生まれ。千葉邦胤(くにたね)の子。下総(しもうさ)佐倉城(千葉県)城主。父が殺されたとき幼少のため,臼井城主原胤成(たねなり)が佐倉城の軍代となり,重胤は北条氏の人質として小田原にうつされた。天正18年北条氏の滅亡とともに千葉氏本宗家も没落し,重胤の代で断絶した。寛永10年6月16日死去。58歳。通称は千葉介。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

千葉重胤(1)の関連キーワード天文学史(年表)ポルロ北畠具教ルドルフ2世安土桃山時代(年表)アダミアダミ石本新兵衛斎藤小左衛門パウロボルゲーゼ家

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android