コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千頭清臣 ちかみ きよおみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千頭清臣 ちかみ-きよおみ

1856-1916 明治-大正時代の官僚。
安政3年11月8日生まれ。明治19年イギリスに留学。七高(現鹿児島大),二高(現東北大)各教授をへて内務書記官に転じ,栃木,宮城,新潟,鹿児島の県知事歴任。40年貴族院議員。東京日日新聞社長。大正5年9月9日死去。61歳。土佐(高知県)出身。東京大学卒。名ははじめ徳馬。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

千頭清臣

没年:大正5.9.9(1916)
生年:安政3.11.8(1856.12.5)
明治時代の教育者,官僚。高知藩士の子。東大文学部卒業後,英国留学。東京第一高等中学校(一高)教授,二高教授など歴任ののち,内務省に転じ,栃木・宮城・新潟・鹿児島各県知事を務め明治40(1907)年貴族院議員に勅選された。また,22年日本倶楽部を組織し,三宅雪嶺らと国粋保存運動を展開した。<著作>『ナポレオン伝』『坂本竜馬伝』

(小林和幸)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

千頭清臣の関連キーワード杉浦重剛(すぎうらしげたけ)大正時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android